小田原城に隣接する報徳二宮神社。各種御祈願、伝統と格式ある本物の神前式挙式を承っております。

初宮参りは元来、「産土参り」と呼ばれ、子供の誕生を産土の神(氏神、その土地の神様)に感謝し、その子供の健やかなる成長を祈願したという故事に由来しています。

その昔、お産は汚れたものだと考えられていたため、初宮参りは、別名「忌み明けの祝い」とも呼ばれ、産婦の忌み明けと誕生した子供の氏子入りの儀式とを兼ねてお参りされていたそうです。現在のように「初宮参り」と呼ばれるようになったのは、室町時代頃からだといわれており、江戸時代(徳川家綱将軍の頃)には初宮参りの帰途に大老へ挨拶に立ち寄る風習が起こり、その後、武家社会への習わしが庶民の間にも広まり、親類や知人宅へ初宮参りの報告と挨拶に出向く習慣が、全国へ普及したといわれています。

神社への初宮参りは、一般的に男の子は生後30日か31日目。女の子は32日か33日目が初宮参りの定説とされています。初宮参りをされる時期は、まず子供の健康状態や産後の母体への配慮を十分に考え、天候のよい時節や吉日を選んでお参りされる場合が多いようです。

◆男の子用・女の子用お掛け
  無料で貸出ております。

初宮詣ご参拝の方は、どなたでもご利用いただけます。
お申込みの際、受付にてお申し出ください。

数に限りがございますので、色柄はお選びいただけない場合がございます。
参拝後もご自由にお使いいただいて結構ですが、
ご使用は境内敷地内また、報徳会館内に限らせていただきます。

お掛け

◆授乳室

お母様方より参拝中の授乳が心配という声から、社務所内に授乳室を設けました。
ご案内いたしますので、お気軽に受付へお声掛け下さい。

*会食のご予約につきましては報徳会館へお問い合わせください。

◆スタジオでの記念写真撮影

お申込は、当日祈願受付後に承ります。

お写真の撮影は、祈願祭後受付け順に順次ご案内いたします。

詳細は、こちらより「記念写真」ページをご覧ください。

◆初宮記念品

1万円以上  (祈祷木札(小)・肌守り・お喰い初め膳・福箸・ガーゼハンカチ・破魔矢)

1万円以上

(祈祷木札(小)・お喰い初め膳・肌守り・破魔矢・福箸・ガーゼハンカチ)

5千円以上  (神札・肌守り・ガーゼハンカチ・破魔矢)

5千円以上

(神札・肌守り・破魔矢・ガーゼハンカチ)


◆祈祷木札の種類と記念品 ※祈願料3万円以上より神楽を奉納いたします。
祈願料  お札の種類 大きさ 記念品
2万円以上 祈祷木札(中) 30㎝ 御神酒・お喰い初め膳・肌守り・破魔矢・福箸・ガーゼハンカチ
1万円以上 祈祷木札(小) 24㎝ お喰い初め膳・肌守り・破魔矢・福箸・ガーゼハンカチ
5千円以上 神札 24㎝ 肌守り・破魔矢・ガーゼハンカチ
3千円以上 神札 24㎝ 肌守り

◆初宮参りとあわせて報徳会館 特別室でのお食事も承ります。

報徳会館の特別プラン「初宮プラン」なら3ヶ月前からのご予約が可能です。詳しくは写真をクリック